出逢い系サイトの歴史について

今では当たり前のように大勢の人が利用している出逢い系サイトですが、どのように始まったのでしょうか?
出逢い系サイトの歴史について紹介したいと思います。

出逢い系サイトはインターネットの接続環境が整い始めた初期の頃からすでに存在しました。
ただし当日は、まだインターネットを利用する事が一部の人の間だけでネット人口自体が少ない状態です。
加えて、ネットで知り合った人と、実際に会うという事に対しても、浸透されていませんでした。
そのため日常生活の中ではどうしても出会えない特殊な性癖の持ち主だけが、こっそりと出逢い系サイトを利用していたのです。

今でいえば、セフレサイトが真っ先に登場したと考えると分かりやすいでしょう。
しかし今と違い、サクラなんて存在しませんでしたし、そのサイトを利用する人はごく少数で、出逢いに飢えた人でした。

しばらく出逢い系サイト=身体だけの関係というイメージがついてしまったので、女性の参加者は少ない状況が続きます。
ですがその後、ネット環境が整い、誰もが気軽に利用する事になり、ネットで知り合う人同士が出会うオフ会なども一般的になりました。
そうする事で出逢い系サイトでも、恋人や結婚相手、メル友などいろんな目的で利用する人が増えてきました。

出逢い系サイトの出逢いが珍しくなくなると、抵抗感が薄れ、出逢い系サイトを利用する女性も徐々に増え始めました。
まだ男性と比較すると女性の利用率の方が圧倒的に少ない状況ですから、今後の課題は女性の参加者を増やす事です。
そして女性の参加者が増えれば、出逢い率がアップするので、男性にとってもメリットが増えるというわけです。

出逢い系サイトは最初は不安

出逢い系サイトを初めて利用するという場合、いろいろ不安に思う事もあるでしょう。
悪質サイトやサクラに騙されたらどうしようというトラブルに関する不安もあります。
またアプローチの方法が分からなくて、出会えるかどうかの不安もあります。
そしてネットで知り合った相手と実際に会う事への不安もあるかもしれません。

しかし不安もありますが、同時に期待があるからこそ、出逢い系サイトを利用したと思ったのですよね。
恋人が出来たら、もっと出逢いが多ければ・・・・そんなふうに期待しています。
そして不安があったとしても、実際に利用してみたら、それほど大した事がなかったと思うかもしれません。

確かにSNSサイトやTwitterなとで、知らない人とでも平気で絡みますよね。
それと大して変わらないという事もあるでしょう。
それにトラブルに関しては警戒して注意して行動すれば、そう簡単に騙される事もありません。
なかなか出逢いにつながらない、アプローチの方法が悪いという不安は解消するのが難しいかもしれません。

ですが、それはいろいろ試してみるしかないと言えるでしょう。
最初のアプローチで出会えなかったのなら、何か自分に悪いところがあるわけです。
それに気づいて、直したところで次の出逢いに向けて頑張ります。
そもそも恋人を作る事、セックスをする事は簡単な事ではありません。
日常生活で出会えないからこそ、出逢いを求めて出逢い系サイトを利用しているのです。
日常生活で出会えないのですから、多少の苦労があったとしても、出逢い系サイトで頑張るしかありませんよね。

出逢い系サイトは援助交際で発展した?

出逢い系サイトは援助交際で発展したというと、よくない印象を与えてしまうかもしれません。
しかしちょうど出会系サイトが日本の社会に浸透し始めた頃と、援助交際のピークは同じ頃なのです。
逆に言えば、出逢い系サイトが存在したからこそ、手軽に援助交際の相手を見つける事が出来るようになり社会問題に発展した。
そう言えるのではないでしょうか?

もちろんこの場合、出逢い系サイトの出逢いは悪い事に使われてしまいました。
このように犯罪にも活用する事が出来ると一気に広まってしまったのです。
現在は援助交際に対して出逢い系サイトを利用してはいけないと法規制が作られました。

しかしその法規制も正直手ぬるいとしか言えません。
18歳未満は利用出来なくなりましたが、それはあくまで自称です。
証明書などが必要なわけではないので、「あなたは18歳以上ですか?」の問いに対して「はい」と答えれば利用可能です。

そして援助交際という言葉は禁止用語に設定されています。
ですが隠語が存在し、援助交際という言葉を使わなくても援助交際をしたい人同士が出会う事は十分に可能です。

ただまた社会問題になって、警察の取り締まりがキツくなったら面倒だし・・・・。
そう思う人達が、警察にバレないように、以前より人目を気にして援助交際を行うようになっています。
援助交際はなくなったのではなく、見つかりにくくなっただけです。

ちなみに出逢い系サイトの出逢いは当時と比べると女性の利用者も増え、出逢いん目的ももっと健全なものも増えました。
もっともセフレや人妻サイトも相変わらず人気ですから、完全に健全だとは言えないかもしれません。

メルアド交換が出来ない

出逢い系サイトによってそれぞれルールがあります。
そして中にはこんなルールがあるのを知っていますか?
それは出逢い系サイトの中で直アドの交換をする事が出来ないのです。

もちろん最初は出逢い系サイト内でメールのやり取りをする事に対して不満はありません。
出逢い系サイトのおかげで知り合う事が出来たわけですし、何よりいきなり直アドを教えてと女性にいうよりも警戒されません。
サイト内で親しくなってから直アドを交換出来ればいいと思っている人も少なくないでしょう。
ですが、親しくなった後にもまだ出逢い系サイト内でやり取りする必要はないと思うわけです。

出逢い系サイトのメールだとお金がかかってしまいますし、スマホのメールでやり取りした方が手間もかかりません。
なのに文字は普通に入力出来て、アルファベットも普通に入力できるのに、メルアドを入力すると文字化けしてしまいます。
そして相手にはメルアドを教える事が出来ないようになっています。

出逢い系サイト側としては、ずっと出逢い系サイトでやり取りしてもらった方が利益が出るという事なのかもしれませんが理不尽です。
結局、直アドの諦めて、出逢い系サイトのメールのやり取りの中で実際に会う約束を取り付けました。
待ち合わせ場所に相手が無事に来てくれて、そしてその日に直アドを交換をする事が出来ました。

出逢い系サイトのおかげで出会えたので感謝はしていますが、もう少し早い段階で直アド交換をしたかったです。
なのでその直アドを教えられないルールは正直邪魔だと思ってしまいました。
全てのサイトでそうではないと思いますが、そんなルールがあるところも少なくないようです。

Copyright(c) 2010 初心者でも気軽に出逢いを楽しめるサイト案内 All Rights Reserved.